特價

A+U 2022:05 620 Feature: Francis Kéré

NT$990.00

*此為預購商品,預計五月底到貨

Product Details:
Paperback: 184 pages
Publisher: A+U (2022/05)
Language: Japanese, English

允許無庫存下單

描述

2022年普利茲克建築獎得主 Francis Kéré的A+U專輯

Content

a+u’s May issue features Francis Kéré, a Berlin-based architect originally from the West African nation of Burkina Faso. His earliest work, Gando Primary School, succeeded not only in providing a comfortable learning facility for the village where he was born and raised, but also demonstrated that the design process must embrace the cultural and material roots of a place and its people. As the Gando project expanded in scope to include other social amenities like a secondary school, library, and housing for teachers, Kéré’s architecture became a tool of community building and empowerment. This architecture of humanism relies on the metaphor of the palaver tree, under which a community gathers and knowledge is formed and transmitted. Kéré enriches local, basic materials and traditional know-how with thoughtful and forward-looking technological and ecological concepts, such as double roofs, wind towers, and shade chambers, creating a sustainable, low-cost, and high-performance architecture that serves as a model for the Global South. “As a translator who adds new meaning – to uncover, unlearn, and relearn,” Kéré takes advantage of the collective creativity of a place to create architecture “where in the end we see ourselves in it.” Opening with Gando Primary School and ending with ongoing construction projects, furniture pieces, and exhibitions, this monograph presents 34 works. In addition to texts by Kéré and guest editor Andres Lepik, 3 essays by younger architects of African origins situate Kéré’s work in the broader context of architecture and urbanization in the African continent, invoking issues of translatability, authenticity, justice, community, and empowerment. (a+u)

『a+u』5月号はフランシス・ケレを特集する。西アフリカ、ブルキナファソ出身の建築家として、現在はベルリンに拠点を構える。第一作のガンド初等学校のプロジェクトは自身が生まれ育った共同体によい教育環境を提供するだけでなく、場所や人々の文化背景や素材の選択が設計過程には不可欠であることを示すべく作品である。ガンド初等学校がその後、中等学校・図書館・教員宿舎などを備え拡張していったように、ケレの建築はコミュニティ構築とその湧活のツールとなる。コミュニティが集まり知恵を伝え合う場「会話の木」、ここからケレの人間主義建築は生まれている。ケレはその地の素材を用いた地着工法に最新技術と環境配慮を融合させる。その結果は二重屋根・風塔・日除けなどを駆使した持続可能・高性能にして廉価な建築であり、「南」(グローバル・サウス)の鑑となりうる作品である。ケレはその場の集団的創造力を駆使して、「人々の共通の基盤、共有の価値の広がりである建築」を「見つけだし、捨て去り、改めて学ぶために翻訳し、新たな意味を加えていく」。本特集ではガンド初等学校に始まり、施工・計画中の作品、家具から展覧会計画まで全34作品を紹介。ケレによる序文とゲスト・エディターのアンドレス・レピックによる論稿に加え、アフリカ系の若手建築家3名による論稿を掲載。これらがアフリカ大陸の建築と都市化という文脈にケレの作品を位置づけ、翻訳可能性、真正性、正義、コミュニティ、エンパワーメントなどの問題を提起していく。(編)

Feature: Francis Kéré

Statement 4
Francis Kéré

Essay:
From Burkina Faso, (Made) in Germany, for the World 8
Andres Lepik

Gando Primary School 12
Gando Teachers’ Housing 20
Gando Primary School Extension 26
Naaba Belem Goumma Secondary School 34

Dano Secondary School 38

Surgical Clinic and Health Center 44
Doctors’ Housing 52

Opera Village 56
Center for Health and Social Welfare 64

National Park of Mali 70

Center for Earth Architecture 76

Lycée Schorge Secondary School 84
Burkina Institute of Technology 96

Essay:
Architecture as Common Ground: A New Language in the Work of
Francis Kéré 106
Nana Biamah-Ofosu

Meroë Royal Baths Protective Shelter 112

Serpentine Pavilion 114

Kamwokya Community Playground 118

SKF-RTL Children Learning Center 120

Louisiana Canopy 124

Xylem 128

Weilheim Waldorf School 132

Memorial Thomas Sankara 134

Burkina Faso National Assembly 136

Sarbalé Ke 140

Benin National Assembly 144

Goethe Institut Dakar 148

Startup Lions Campus 150

Taylor Bridge 154

Essay:
Umqambi Wesino 156
Ruth-Ann Richardson

Lycée Schorge Chair 164 / ZIBA Stool 166

International Red Cross and Red Crescent Museum Permanent Exhibition 168 / Sensing Spaces Pavilion 170 / Colorscape 174 / Racism: The Invention of Human Races 176 / What is Radical Today? 178

Essay:
Spaces of Translation: Installation and Exhibition Design of
Francis Kéré 179
Lois Innes

 

序文
フランシス・ケレ

エッセイ:
ブルキナファソ生まれドイツ育ちの世界人
アンドレス・レピック

ガンド初等学校
ガンド教員宿舎
ガンド初等学校拡張
ナアバ・ベレン・グンマ中等学校

ダノ中等学校

外科診療所・保健センター
医師住宅

オペラ・ヴィレッジ
保健・社会福祉センター

マリ国立公園

土の建築センター

リセ・ショルジュ中等学校
ブルキナ工科大学

エッセイ:
共通基盤としての建築:フランシス・ケレ作品の新言語
ナナ・ビアマ=オフォス

メロエ王立浴場保護シェルター
サーペンタイン・パヴィリオン
カムウォキャ・コミュニティ運動公園
SKF-RTL児童学習センター
《ルイジアナ・キャノピー》
ザイレム
ヴァルドルフ学校ヴァイルハイム
トーマス・サンカラ記念館
ブルキナファソ国会議事堂
《サルバレ・ケ》
ベナン国会議事堂
ゲーテ・インスティトゥート・ダカール
スタートアップ・ライオンズ・キャンパス
テイラー橋

エッセイ:
Umqambi Wesino
ルース=アン・リチャードソン

リセ・ショルジュ・チェア/ZIBAスツール

国際赤十字・赤新月博物館常設展示/《センシング・スペース・パヴィリオン》/
《カラースケープ》/「レイシズム:人種の発明」展/「今日のラディカル」展

エッセイ:
翻訳の空間:フランシス・ケレのインスタレーションと展示デザイン
ロイス・イネス