特價

A+U 2021:08 611 Feature: Nenia Project – Smiljan Radic -4910019730811

NT$990.00

特集:ネーニア・プロジェクト -スミルハン・ラディック

Product Details:
Paperback: 192 pages
Publisher: A+U (2021/08)
Language: Japanese, English

允許無庫存下單

描述

Content

This August issue of a+u features the work of Chilean architect Smiljan Radić. The monograph opens with Nenia Project – a memoir by Radić – divulging to us the amazing imaginaries, visions of the past and future, that drive his architectural desires. Nenia Project is a collection of metaphorical manifestos and Radical Architecture artifacts that have equipped Radić with “subversive artistic strategies” and “scores for object-based works.” On these pages we discover the mysteries behind Radić’s “conceptual approach in his own buildings,” as described in an essay by Fredi Fischli and Niels Olsen. Perhaps, as Ryue Nishizawa conjectures in his essay, Radić’s “designs are poetic because they exist in, or aim for, a state of freedom from meaning.” Twenty-five key projects ranging from sculptures to buildings, all produced between 2010 and 2021, are presented here along with Radić’s own conceptual drawings and paintings. In their collectiveness, as Nishizawa observes, we find a “sense of temporal progression” in the accumulation of visions and desires. (a+u)

Nenia Project

House for the Poem of the Right Angle / Garden of Leaves
Santiago Telecommunications Tower
Fragile, A Tower of Wine Glasses

Artefacts
The Boy Hidden in a Fish, The Boy Hidden in an Egg,
The Giant Selfish Castle, Gryphon, Kewpie My First Tower,
Death at Home, Inflatable Bodies

Folly, Serpentine Gallery Pavilion
Crucifixion Chapel
Giant Sofa Room
Ma(rra)queta Shelter
Celine Pavilion
Prism House + Room / Terrace
Chilean Pavilion
Chanchera
Nave
Regional Theater Bío Bio
House of Alexander McQueen
New Museum of Santiago (NUMU)
Solo Hotel
Hidden House in Peru
Drops

Essay:
Architecture Against Architecture?
Fredi Fischli and Niels Olsen

Essay:
The Architecture of Smiljan Radi´c
Ryue Nishizawa

Content

『a+u』8月号はチリ人建築家のスミルハン・ラディックを特集する。モノグラフ冒頭から始まるラディック自身による回顧録「ネーニア・プロジェクト」はラディックの建築にたいする希求のもととなる、過去と未来へと向けられた並外れた想像力を明らかにする。「ネーニア・プロジェクト」はほかのものに託した声明やラディカル・アーキテクチュアの創作物の集積である。ラディックはこれらを通して「破壊的な芸術の手法」と「物質的な作品のための楽譜」を手に入れた。誌面からはラディックの、フレディ・フィッシュリとニールス・オルセン曰く「コンセプト的なアプローチ」の背後にある謎を読み解くことができる。西沢立衛がエッセイで述べているように、ラディックの「建築は意味から自由になっている」、「またはその状態を目指している」といえるのかもしれない。彫刻から建物まで、2010年から2021年に創作された25作品を、ラディック自身によるコンセプト図や絵画とともに紹介。これらの全体性からは、西沢のいう、次々と足されてゆく想像力や希求から生まれる「時間的な順序」を見出すことができる。(編)

ネーニア・プロジェクト

直角の詩に捧ぐ家/葉の庭
サンティアゴ・テレコミュニケーション・タワー
フラジャイル、ワイングラスの塔

造形
魚に隠れた少年、卵に隠れた少年、わがままな大男の城、グリフォン、
キューピー、マイ・ファースト・タワー、在宅死、膨れた身体

フォリー、サーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン
聖十字架礼拝堂
ジャイアント・ソファ・ルーム
マ(ラ)ケータ・シェルター
セリーヌ・パヴィリオン
プリズム・ハウス+ルーム/テラス
チリ館
チャンチェラ
ナーベ
ビオビオ市民劇場
ハウス・オブ・アレキサンダー・マックイーン
新サンティアゴ美術館(NUMU)
ホテルSOLO
ペルーの秘密の家
しずく

エッセイ:
建築に反する建築なのか?
フレディ・フィッシュリ、ニールス・オルセン

エッセイ:
スミルハン・ラディックの建築
西沢立衛