特價

A+U 2021:07 610 Feature: House Looking into the World -4910019730712

NT$990.00

特集:世界を覗き込む家

Product Details:
Paperback: 168 pages
Publisher: A+U (2021/07)
Language: Japanese, English

允許無庫存下單

描述

Content

a+u’s July issue features the work of 6 architectural practices from around the world, each providing a statement on the meaning of life, place, and form. In addition to our guest editor, Go Hasegawa, who is based in Tokyo, they are: 6a architects (London), Vector Architects (Beijing), MOS (New York), adamo-faiden (Buenos Aires), and HARQUITECTES (Barcelona). These practices belong to the same generation and share a similar attitude toward the house and its relationship to the world beyond. In her keynote essay, Giovanna Borasi discusses the evolving concept of lifecycle and work, new models of co-living, and “the misalignment between new societal needs and the architecture that houses them,” upholding the attitude of the architects featured. She describes these practices as advancing “an architecture that is not overly prescriptive in how we live, but instead frames it.” These 6 statements offer a timely reflection on residential design at a time of tremendous change. (a+u)

Go Hasegawa
Consciousness of “Roots”

6a architects
Habitat

Vector Architects
Architecture as Mediator of Life

MOS
Architecture as Empathy

adamo-faiden
An Intermediate Climate

HARQUITECTES
Natural Atmospheres

Essay:
Reframing How We Live
Giovanna Borasi

 

Content

『a+u』7月号は世界各地から6組の建築家をとりあげ、彼らがいま「生活-場所-かたち」へと向ける考えを特集する。本号ではゲスト・エディターに長谷川豪(東京)を迎え、さらに6aアーキテクツ(ロンドン)、ヴェクター・アーキテクツ(北京)、MOS(ニューヨーク)、アダモ+ファイデン(ブエノス・アイレス)、アックアルキテクタス(バルセロナ)を紹介する。6組は同世代であり、家とその向こう側の世界との関係をどうみるかという点で、似通った姿勢をもって実務をおこなっている。ジョバンナ・ボラーシによるキーノート・エッセイは、変化し続けるライフサイクルや仕事の概念、共同生活のモデルなど「現代社会の変化するニーズとそれを容れる建築」のずれへと論を広げ、ここに特集した建築家に共通する姿勢を位置づける。そして彼らの姿勢と実践を描出して「生活のありかたについて過度に規範的にならず、生活を縁どり得る建築」を前進させるものであると述べている。6組の建築家からのステートメントは、住宅を設計することがいま直面している大きな変化をタイムリーに映しだす。(編)

長谷川豪
「根」に意識を向ける

6aアーキテクツ
生息地

ヴェクター・アーキテクツ
生活の懸け橋としての建築

MOS
共感の建築

アダモ+ファイデン
中間的な環境

アックアルキテクタス
自然な空気

エッセイ
「生きかた」のかたちをとらえなおす
ジョヴァンナ・ボラーシ