特價

新建築 2022年3月 別冊 JAPAN NATIONAL STADIUM 国立競技場 -9784786903267

NT$1,071.00

Product Details:
Paperback: 200 pages
Publisher: 新建築社(2022/03)
Language: English, Japanese
ISBN-10: 4-7869-0326-4
ISBN-13: 9784786903267

庫存只剩 2 (允許無庫存下單)

描述

Content

The Japan National Stadium was completed at the end of November 2019. The new stadium connects to the surrounding environment through its abundant use of wood, building height reduced to a minimum, and intermediate spaces created by eaves and engawa, despite being a massive sports facility that can house over 60,000 people for games and events such as the Tokyo Olympic and Paralympic Games.
This special issue captures the National Stadium through various themes, recording and introducing in detail the design concept and process, engineering, construction, etc.
The magazine is intended to become a valuable document of the stadium that will be loved by the public for years to come as the “mecca” of sports in Japan.

2019年11月末に竣工した「国立競技場」。東京オリンピック・パラリンピックをはじめとし、さまざまな競技やイベントを行う6万席を超える人びとを収容できる巨大スポーツ施設でありながら、木を多く活用したり、建物高さをぎりぎりまで抑え、庇や縁側のような中間領域を設けることで周辺環境と接続するスタジアムが完成しました。
本号では、「国立競技場」をテーマごとに切り取り、設計コンセプトやプロセス、エンジニアリング、施工など詳細に記録・紹介します。
これから、日本のスポーツの「聖地」として長く国民に親しまれる「国立競技場」の貴重な資料となることを意図しています。

グラビア

巻頭座談会
チームで紡いだ次世代のスタジアム
山内隆司(大成建設 取締役会長)×杉谷文彦(梓設計 代表取締役社長)×隈研吾(隈研吾建築都市設計事務所 主宰)

01 周辺との調和
02 木の温もり
03 呼吸するスタジアム
04 コンピュテーショナルデザイン技術の活用
05 日本らしさ
06 選手が躍動するアスリートファースト
07 ユニバーサルデザインの徹底
08 レガシーを引き継ぐ
09 提案4カ月、設計12カ月、現場3年の軌跡
10 提案を実現する技術力

建築データ/クレジット

国立競技場プロジェクトに携わって
結 国立競技場プロジェクトへの想い
松村正人(大成建設 執行役員 設計本部長)
安野芳彦(梓設計 取締役副社長)
横尾実(隈研吾建築都市設計事務所 代表取締役)