特價

JA 84 WINTER, 2012 YEARBOOK 2011 -9784786902369

NT$1,012.00

Product Details:
by JA
Paperback: 125 pages
Publisher: 新建築社(2012)
Language: Japanese, English
ISBN-10: 4-7869-0236-5
ISBN-13: 9784786902369

庫存只剩 1

貨號: 9784786902369 分類: , , , 標籤: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

描述

YEARBOOK 2011建築年鑑

『JA84』は、2011年の建築を振り返る特集号です。2011年は、特に、機能の多様さとスケールの広がりが顕著に見えてきました。数多く収録されたリノベーションや仮設建築は、今を象徴するものです。またそれとは対象的に、自然、アート、周辺のさまざまな要素と共振し、新しい風景を生み出した建築の可能性も大きな存在です。そして3月11日、日本は東日本大地震を経験しました。建築に関わる誰しもが、自らに、そして建築に何ができるかを問い、建築家という職能を見つめ直したことでしょう。特集企画として、3.11以降の建築界の動きを一般社会時事と共にまとめたタイムラインと、豊かな都市のかたちを模索する建築家による復興への提案を紹介します。被災地には、これからさらに建築家が関わり続けることが必要です。復興が物理的に進む今、建築家が担うべき役割はとても大きく、そしてその働きかけが世界を変える可能性を持っていることを、この記事とYEARBOOKに取り上げた多様な建築のあり方の延長上に見ていただければと思います。

特集: 3.11 震災と建築家

巻頭エッセイ: 3.11からの建築家の動き

五十嵐太郎

タイムラインーー東日本大震災以降の建築家たちの活動

制作: 宮城大学中田千彦研究室

竹の会所ー復興の方舟ー

滋賀県立大学陶器浩一研究室、髙橋工業

女川町仮設住宅

ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク/坂茂建築設計

アーク・ノヴァ

ルツェルン音楽祭、KAJIMOTO、磯崎新、アニッシュ・カプーア、豊田泰久、デビッド・ステープルズ

復興への提案: 閖上ルネサンス計画

閖上復興・まちづくりを考える会今野義正、針生承一、栁澤陽子

釜石市復興計画への提案

伊東豊雄建築設計事務所

高台プロジェクト

青木淳、中田千彦、中木亨、西澤徹夫、大石雅之、赤坂惟史、家村珠代

オープン・プラットフォームとしての石巻旧市街再生

石巻2.0

建築家による復興支援ネットワーク「アーキエイド」

福屋粧子

牡鹿半島サマーキャンプ 鮎川浜復興プロジェクト試案

小嶋一浩+大西麻貴/Y-GSA小嶋スタジオ

牡鹿半島サマーキャンプ 谷川浜復興プロジェクト試案

東京工業大学塚本研究室

建築年鑑2011 作品39題 エッセイ: 力強い未来へ 3.11後の可能性

ケン・タダシ・オオシマ

軽井沢千住博美術館

西沢立衛建築設計事務所

豊島美術館

西沢立衛建築設計事務所

今治市伊東豊雄建築ミュージアム スティールハット

伊東豊雄建築設計事務所

今治市伊東豊雄建築ミュージアム シルバーハット

伊東豊雄建築設計事務所

日月潭風景管理処

團紀彦建築設計事務所

Villa Vista

Shigeru Ban Architects Europe

スリランカの住宅

安藤忠雄建築研究所

三輪窯 Ⅱ

三分一博志建築設計事務所

屋久島メッセンジャー

堀部安嗣建築設計事務所

龍谷ミュージアム

赤木隆+下坂浩和/日建設計

深川不動堂

玉置順/玉置アトリエ

東京カテドラル聖マリア大聖堂改修

丹下都市建築設計(原設計および改修技術監修) 大成建設(改修設計)

清瀬けやきホール

青木茂建築工房

金沢海みらい図書館

堀場弘+工藤和美/シーラカンスK&H

白河市立図書館

第一工房

真壁伝承館

設計組織ADH

宇土市立網津小学校

アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室

実践学園中学・高等学校 自由学習館

古谷誠章+NASCA

Ring Around a Tree ふじようちえん増築

手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所

深圳湾体育センター

佐藤総合計画+北京市建築設計研究院

ソニーシティ大崎

山梨知彦+羽鳥達也+石原嘉人+川島範久/日建設計

飯野ビルディング

竹中工務店

フォーラムビルディング

谷口建築設計研究所

芝浦のオフィス

妹島和世建築設計事務所

BMWグッゲンハイムラボ

アトリエ・ワン

MOOM Tensegritic Membrance Structure

東京理科大学小嶋一浩研究室+佐藤淳構造設計事務所+太陽工業

熊本駅東口駅前広場 暫定形

西沢立衛建築設計事務所

熊本駅西口駅前広場

佐藤光彦建築設計事務所

大阪ステーションシティ

西日本旅客鉄道 ジェイアール西日本コンサルタンツ 安井建築設計事務所

みやした こうえん

アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室

石神井アパートメント

妹島和世+西沢立衛/SANAA

桜並木の集合住宅

若松均建築設計事務所

駒沢の住宅

長谷川豪建築設計事務所

Small House

畝森泰行建築設計事務所

二重螺旋の家

大西麻貴+百田有希/o+h

キリの家

武井誠+鍋島千恵/TNA

シナの木と白い家

髙橋真紀+潮上大輔/髙橋真紀建築設計事務所

速度の家

三分一博志建築設計事務所

LCCM住宅 デモンストレーション棟

小泉雅生/小泉アトリエ+LCCM住宅設計部会

データ・プロフィル

第46回セントラル硝子国際建築設計競技入賞発表
第47回セントラル硝子国際建築設計競技応募要項

This issue reflects on the notable projects of 2011. In general, the works reveal an increasingdiversity of functions and a widening variety of scales. Contemporary concerns are illustratedin the numerous renovations and temporary projects produced by architects. On the otherhand, new landscapes generated through art, nature, and a variety of contextual conditionsdemonstrate alternative possibilities to architecture.

Then the Great East Japan Earthquake struck on March 11.

People involved in the fieldof architecture were forced to reflect on what could be done, and to ask how architecturecould contribute.

For this issue, architectural responses to the earthquake are presented alongside current affairs ina linear timeline. The ideas and efforts by architects to improve the city are also introduced.Moving forward, it is important that architects continue to engage in the recovery process.

As rebuilding takes shape, the questions that confront the profession are immense. Yet itwould not be an understatement to say that noble efforts to answer these questions havethe potential to improve the world.

Architects and the Great East Japan Earthquake

Essay:

Initiatives by Architects Since 3.11

Taro Igarashi

Timeline of Architects Actions

Since the Great East Japan Earthquake

Senhiko Nakata Laboratory, Miyagi University

Ark of Bamboo

Toki Laboratory, University of Shiga prefecture, Takahashi Kogyo

Container Temporary Housing in Onagawa

Voluntary Architects’ Network / Shigeru Ban Architects

ARK NOVA

Lucerne Festival, KAJIMOTO, Arata Isozaki, Anish Kapoor, Yasuhisa Toyota, David Staples

Toward reconstruction:

Yuriage Renaissance Project

Association to examine the Renaissance and the Community Development of Yuriage

Yoshimasa Konno, Shoichi Haryu, Youko Yanagisawa

Revival Proposals for Kamaishi

Toyo Ito & Associates, Architects

Takadai Project

Jun Aoki, Senhiko Nakata, Toru Nakaki, Tetsuo Nishizawa, Masayuki Oishi, Yuishi Akasaka, Tamayo Iemura

Ishinomaki Old Town Revival Project

Ishinomaki 2.0

ArchiAid: A Reconstruction Support Network of Architects

Shoko Fukuya

Summer Camp on the Oshika Peninsula

Ayukawa-hama Revival Project Study Plan

Kazuhiro Kojima + Maki Onishi / Y-GSA Kojima Studio

Summer Camp on the Oshika Peninsula

Yagawa-hama Revival Project Study Plan

Tsukamoto Laboratory, Tokyo Institute of Technology

YEARBOOK 2011 39 Works

Essay:

Towards a vigorous future Possibilities for Post 3.11

Ken Tadashi Oshima

Hiroshi Senju Museum Karuizawa

Office of Ryue Nishizawa

Teshima Art Museum

Office of Ryue Nishizawa

Toyo Ito Museum of Architecture, Imabari

Steel Hut

Toyo Ito & Associates, Architects

Toyo Ito Museum of Architecture, Imabari

Silver Hut

Toyo Ito & Associates, Architects

Sun Moon Lake Administration Office of Tourism Bureau

Norihiko Dan and Associates

Villa Vista

Shigeru Ban Architects Europe

House in Sri Lanka

Tadao Ando Architect & Associates

Miwa-Gama II

Sambuichi Architects

Yakushima Messenger

Yasushi Horibe Architect & Associates

Ryukoku Museum

Nikken Sekkei

Fukagawa Fudoudo

Tamaki Architectural Atelier

Renewal of St. Mary’s Cathedral Tokyo

Tange Associates

TAISEI DESIGN Planners Architects & Engineers

Kiyose Keyaki Hall

Shigeru Aoki Architect & Associates

Kanazawa Umimirai Library

Coelacanth K&H Architects

Shirakawa Public Library

Daiichi-Kobo Associates

Makabe Densho-kan

ADH Architects

Amitsu Municipal Elementary School

Atelier and I, Kazunari Sakamoto Architectural Laboratory

Jissen Gakuen Junior & Senior High School

Freedom Learning Manor House

Nobuaki Furuya + NASCA

Ring Around a Tree

Takaharu + Yui Tezuka / Tezuka Architects

Shenzhen Bay Sports Center

AXS Satow + Beijing Institute of Architectural Design

Sony City Osaki

Nikken Sekkei

Iino Building

Takenaka Corporation

Forum Building

Taniguchi and Associates

Shibaura Building

Kazuyo Sejima & Associates

BMW Guggenheim Lab

Atelier Bow-Wow

MOOM Tensegritic Membrance Structure

Kazuhiro Kojima Laboratory, Tokyo University of Science

+ Jun Sato Structural Engineers + Taiyo Kogyo

Kumamoto Station East Exit Square

Office of Ryue Nishizawa

Kumamoto Station West Exit Square

Mitsuhiko Sato Architect and Associates

Osaka Station City

West Japan Railway Company + JR West Japan Consultants Company+ Yasui Architects & Engineers

Miyashita Park

Atelier Bow-Wow + Tokyo Institute of Technology

Tsukamoto Laboratory

Shakujii Apartment

Kazuyo Sejima + Ryue Nishizawa / SANAA

Sakura Apartment

Hitoshi Wakamatsu Architect and Associates

House in Komazawa

Go Hasegawa & Associates

Small House

Unemori Architects

Double Helix House

onishimaki + hyakudayuki architects / o+h

Mist House

Makoto Takei + Chie Nabeshima / TNA

White Hut and Tilia Japonica

Takahashi Maki + Shiokami Daisuke / Takahashi Maki and Associates

House of Velocities

Sambuichi Architects

LCCM (Life Cycle Carbon Minus) Demonstration House

Masao Koizumi / Koizumi Atelier + LCCM House Design Working Group

Data and Profile

Winning Entries of the Central Glass International

Architectural Design Competition 2011

Announcement: the Central Glass International

Architectural Design Competition 2012