GA Japan 別冊 20世紀の現代建築を檢證する○と╳ -9784871407519

NT$1,050.00

Product Details:
by 磯崎新,鈴木博之,二川幸夫
Paperback: 191 pages
Publisher: ADA(November, 1999)
Language: Japanese ONLY
ISBN-10: 4-87140-751-9
ISBN-13: 9784871407519

已售完

描述

現代日本の建築をリードする磯崎新、鈴木博之の二人が、「新古典主義からモダニズムへ」「技術とその意味」「一つで歴史に残る家」などさまざまなテーマについて話し合う。

20世紀の建築物の背景にある新古典派主義からモダニズムに至るまでの歴史的変遷を探る。現代建築も解説

建築物も歴史と共に移り変わってきた。2人の建築家,磯崎新氏と鈴木博之氏が今世紀に作られた建築物の歴史的背景を探り,その理念を解説する。

19世紀後半までの新古典派の建築物やナショナリズムを表そうとしたゴシック建築から始まる。その後,相反するマイノリティーを示すグラスゴースクール系建物が登場。そのグラスゴーの流れを生み出しのたが,グラスゴー美術学校をデザインした建築家チャールズ・レニー・マッキントッシュだ。その後,アールヌーボーも取り入れ,新たな建築物創造への原動力となる。さらに,バウハウス校舎(1925-1926)をデザインしたワルター・グロピウスによりモダニズムが始まる。このバウハウスは20世紀を決める建築の要素がすべて含まれる傑作品という。また,本書では,建築物の構造や技術面からアール・デコや近代建築を説明する。

「一つで歴史に残る家」では芸術性が高い建築物を紹介。ほかに「前衛か,体制か」,「大戦前後」,「南北米・欧,それぞれの展開」として世界の建築物の流れを解説する。「最後の巨匠,そして日本」では,日本の建築物やその理念,日本の建築に関する未来についても描く。