特價

A+U 2021:10 613 Feature: Marie-José Van Hee architecten

NT$990.00

特集:マリー・ジョゼ・ヴァン・ヒ・アルキテクテン

Product Details:
Paperback: 192 pages
Publisher: A+U (2021/10)
Language: Japanese, English

允許無庫存下單

描述

Content

a+u’s October issue features 18 projects, ranging from private residences to urban plazas, by architect Marie-José Van Hee, whose practice is based in Ghent, Belgium. Guest editor Hera Van Sande notes how Van Hee’s buildings “blend in with their environment as if they have always been there” and her “architectural spaces evoke repose, reflection, serenity, silence.” Working almost entirely in Flanders, Van Hee creates architectural works that are intensely personal, as an extension of her aesthetic passion, which also encompasses cooking, literature, and fashion. The projects presented here all begin with an aerial photograph of the broader site context alongside Van Hee’s sketches. These sketches, or rather black drawings, are layers of pencil lines drawn on top of each other. They communicate the architectural images that Van Hee visualizes as “her hand mediates between the mental images and the spatial projections on a sheet of paper” and “negotiate between her imagination and the constrictions of our physical world while she juggles different scales simultaneously,” as described in the introduction by Sam De Vocht. (a+u)

Essay:
Undrawing
Sam De Vocht

House HdF
House DW
House L-C
House Van Hee

Essay:
Food for Thoughts
Sylvia Van Peteghem

House V-V
House and Doctor’s Practice VA-O
House A-B
House V-D
Housing Lindenlei
House and Apartments VG-S
Office and Apartment Bailleul
Housing Academie
Housing Eekhoornhof
Housing Beukenhof
Housing Donzapark

Essay:
Spatial Poetry
Hera Van Sande

ModeNatie – Fashion Museum and Academy
Inner-City Central Squares, Bike Parking, and Market Hall
Inner-City Central Squares, Leie Riverbanks, and Brielpoortbrug

 

Content

『a+u』10月号は建築家マリー・ジョゼ・ヴァン・ヒによる18作品を特集する。ヴァン・ヒはベルギー、ゲントを拠点に実務を行い、ゲスト・エディターのヘラ・ヴァン・サンデ曰く、「休息・想起・平穏・静寂を呼びおこし」「あたかもそこにずっと存在したかのように、環境に溶け込んでいる」作品をつくり続けている。その実作はフランドル地方に集中しており、料理、文学、ファッションなどヴァン・ヒの美的感覚の延長線上にあり、きわめて私的なものである。ここでの作品紹介は、敷地のコンテクストをとらえた空撮写真とヴァン・ヒによるスケッチからはじまる。これらスケッチ、いわばブラック・ドローイングは鉛筆の線を何度も何度も重ねて描かれ、ヴァン・ヒがの頭の中で体験する建築像が「利き手を伝って紙の余白に立体的に投影され」、「大小さまざまなスケールの間をしきりに往き来しながら、自らの想像を制約だらけの現実世界にうまく着地させてゆく」ものである、と巻頭エッセイでサム・デ・ヴォフトは述べている。 (編)

エッセイ:
描いては消し
サム・デ・ヴォフト

HdF邸

DW邸

L-C邸

ヴァン・ヒ邸

エッセイ:
思考の糧
シルヴィア・ヴァン・ペテゲム

V-V邸

VA-O邸・診療所

A-B邸

V-D邸

リンデンレイ通りの集合住宅

VG-S邸・アパートメント

バイユルのオフィス・アパートメント

アカデミー集合住宅

エークホールンホフ集合住宅

ブーケンホフの集合住宅

ドンザパルク集合住宅

エッセイ:
空間の詩
ヘラ・ヴァン・サンデ

モードナシー —ファッション博物館・アカデミー

インナーシティ中央広場、駐輪所、マーケット・ホール

インナーシティ中央広場、ライエ川岸、ブリエルポール橋