特價

A+U 2021:05 608 Feature: S-MAO Sancho-Madridejos Architecture Office -4910019730514

NT$990.00

特集:S-MAO サンチョ+マドリデホス・アーキテクチュア・オフィス

Product Details:
Paperback: 176 pages
Publisher: A+U (2021/05)
Language: Japanese, English

尚有庫存 (允許無庫存下單)

描述

Content

a+u May issue features the work of Sancho-Madridejos Architecture Office (S-MAO). Based in Madrid, Spain and established in 1982 by Juan Carlos Sancho and Sol Madridejos, the office has developed a nuanced and committed practice rooted in investigations in plastic arts and aesthetic theory. An essay by their close friends, Antón García-Abril and Débora Mesa, reveals the deeper origins to S-MAO’s approach and describes how their trials and investigations have yielded “new processes in engineering, new construction systems, and a new language.” An ensemble of 20 projects, framed according to 2 investigative themes, are featured in this monograph, supported by axonometric diagrams and concept models. The multiple views of early study models convey the obsessive search for an “original space,” as described by García-Abril and Mesa, where structure, envelope, and shape come together. (a+u)

Essay:
Tone–Void
Juan Carlos Sancho

Valvanera Sports Complex
City Hall and Community Center in San Fernando de Henares
Anabel Segura Community Center
Sports Complex in Galdakao
Arrixaca University Hospital Teaching Center
Alicante Museum of Contemporary Art (MACA)
Clubhouse in Qingpu
14 Viñas Winery
Shopping Center in Éibar
Fundo Moray Center

Essay:
Themes and variations in the work of S-MAO
Antón García-Abril and Débora Mesa

Essay:
Fold–Crossover
Juan Carlos Sancho

Chapel and House in Valleacerón
Church in Qingpu
Housing Cantalares
Shade-Water-Breeze Fold
Innovation and Business Development Center (CAT)
Technology Dome
IESE Business School
Chapel and House in Sierra la Villa
Outdoor Stage and Culture Hub in Alburouj
New Luohu Culture and Art Center

Content

『a+u』5月号はサンチョ+マドリデホス・アーキテクチュア・オフィス(S-MAO)の作品を特集する。S-MAOはフアン・カルロス・サンチョとソル・マドリデホによって1982年に設立され、スペイン・マドリードを拠点とする。作品は造形芸術と美学にかかわる研究がもととなっており、それぞれには特別な意味と徹底的なこだわりが込められている。親しい友人でもある、アントン・ガルシア=アブリルとデボラ・メサによるエッセイは、S-MAOのとる建築への姿勢がどのような原点をもつのかを明らかにし、さらには試行と研究を繰り返すことで「新時代の構法や工法や建築言語」をもたらしてきたさまを描写している。本号では2つの研究テーマをもとにした全20作品を、アクソノメトリック・ダイアグラムやコンセプト模型などとともに紹介する。設計初期につくられるコンセプト模型を多角からとらえたイメージは、ガルシア=アブリルとメサ曰く「構造と外皮と形状の調和」を図り「空間を一からつくる」ことにたいする、S-MAOの偏執的ともいうべき探索をよく表している。(編)

エッセイ:
トーン+ヴォイド
フアン・カルロス・サンチョ

バルバネラ・スポーツ複合施設
サン・フェルナンド・デ・エナレス市庁舎と公民館
アナベル・セグラ公民館
ガルダカオのスポーツ複合施設
アリサカ大学病院教育センター
アリカンテ現代美術館(MACA)
青浦のクラブハウス
14ビニャス・ワイナリー
エイバルのショッピング・センター
フンド・モライ・センター

エッセイ:
S-MAOの主題と変奏
アントン・ガルシア=アブリル、デボラ・メサ

エッセイ:
襞+融合
フアン・カルロス・サンチョ

バリェアセロンの礼拝堂と住宅
青浦の教会
カンタラレス集合住宅
影と水と風の襞
イノヴェーション・アンド・ビジネス開発センター(CAT)
テクノロジー・ドーム
IESEビジネス・スクール
シエラ・ラ・ビラの礼拝堂と住宅
アルブルーシュの屋外ステージと文化ハブ
新羅湖文化芸術センター