特價

A+U 2021:04 607 Feature: Mecanoo

NT$1,100.00 NT$990.00

特集:メカノー

Product Details:
Paperback: 184 pages
Publisher: A+U (2021/04)
Language: Japanese, English

允許無庫存下單

描述

Content

The a+u April issue is our first monograph with Mecanoo, a distinguished Dutch architecture office, founded in 1984. Tracing back to their roots in the Netherlands, Mecanoo’s early housing projects revealed the strong social agenda they have as “they forge a trail through people, place and purpose to that poetry” through their designs, described in an essay by founding partner, Francine Houben. The firm now operates under the direction of Francine who believes that “architecture must appeal to all the senses”. Today, their portfolio includes projects like libraries, theaters and campuses that can be found over the world. This publication provides a comprehensive review of Meccano works in the recent 3 decades divided into 2 distinct sections – the first is a foundation of projects by Mecanoo in their native country, and the second features works that define their influence outside of the Netherlands. (a+u)

Essay
From Purpose to Poetry
Francine Houben, Herbert Wright

The Netherlands
Mekel Park – Campus Delft University of Technology
Library Delft University of Technology
Nelson Mandela Park
Spoorzone Dordrecht
Villa 4.0
NS Journey of the future
NS Vision Interior Train of the Future
Museum Boijmans Van Beuningen
Villa Industria Silo’s
St. Gerlach Pavilion & Manor Farm
Office Villa Maliebaan 16 58
Delft City Hall and Train Station
Urban Villa Myriad
FiftyTwoDegrees
Maritime Center Rotterdam
Kaap Skil, Maritime and Beachcombers Museum
Villa Vught
Keukenhof
Netherlands Open Air Museum
St. Mary of the Angels Chapel

and Beyond
Palace of Justice
La Llotja Theater and Conference Center
Library of Birmingham
Glass Villa on the lake
Senezh Management LAB
Scali Milano – Catalysts for sustainable living
Kaohsiung Station
National Kaohsiung Center for the Arts
Tainan Public Library
Main Street of Yangdong-District
Futian Civic Culture Center
Longgang Cultural Center

Content

『a+u』4月号は本誌初となるメカノーのモノグラフである。メカノーは1984年にオランダで設立された。これまでの実績をたどっていくと、初期の集合住宅作品からすでに「人、場所、目的と道筋をつくりだし、やがて詩へ至る」という、メカノーの社会にたいする強固な指針を読みとることができる。これについては創設者のフランシーヌ・ホウベンによるエッセイで詳述されている。ホウベンは「建築は五感すべてに訴えかけるものであるべき」という信念をもって現在も事務所を率いている。メカノーの実績は世界中にわたり、図書館や劇場、大学キャンパスなど、多岐にわたっている。本号では過去30年間の作品を総括し、メカノーの祖国であるオランダにおける作品と、そのほか世界中における重要な作品、二つのセクションに分けて紹介する。 (編)

エッセイ:
目的から詩へ
フランシーヌ・ホウベン、ヘルベルト・ライト

オランダ
メケルパーク--デルフト工科大学キャンパス
デルフト工科大学図書館
ネルソン・マンデラ公園
ドルドレヒト鉄道地帯
ヴィラ4.0
未来のオランダ鉄道旅
オランダ鉄道が展望する未来のインテリア・トレイン
ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館
ヴィラ・インダストリア・サイロ
セント・ヘルラー・パヴィリオンとマナー・ファーム
オフィス・ヴィラ・マリバーン16
デルフト市庁舎および鉄道駅
アーバン・ヴィラ・ミリアド
フィフティトゥーディグリーズ
ロッテルダム海事センター
カープ・スキル、海洋・漂着物博物館
ヴィラ・ブフト
キューケンホフ
オランダ野外博物館
天使の聖マリア礼拝堂

世界
裁判所
ラ・リョジャ劇場とカンファレンス・センター
バーミンガム図書館
湖上のガラス・ヴィラ
セネシュ・マネジメントLAB
スカリ・ミラノ--サステイナブルな生活への触媒
高雄駅
高雄衛武営国家芸術文化センター
台南市立図書館
ヤンドン地区のメイン・ストリート
フイタン市民文化センター
龍崗区文化センター